競売物件の特徴を知る

物件にはさまざまな種類がありますが、その中に競売物件と呼ばれるものがあります。物件の購入を検討している方でしたら気になるものですが、競売物件とはどういった物件なのでしょうか。

一般的な物件には宅地建物取引業法が適用されており、これによって消費者は保護されています。しかし、競売物件の場合は民事執行法が適用されており、これは物件そのものに適用される法律ではありませんので、競売物件の場合は買い手がすべての責任を背負う必要があるのです。そのため、競売物件を避ける方もいますが、一般的な物件よりも安く購入出来ることが多いので見逃すことは出来ません。さらに、なかなか市場に出回らない物件も少なくないのです。

非常に特殊である競売物件ですが、購入するには競売に参加して入札する必要があります。原則的に競売は誰もが参加出来ますが、競売物件の債務者、裁判所が制限した資格に当てはまらない方、競売を妨げる行為をした方などは参加が出来ません。競売の参加条件に関しては、裁判所のホームページに詳しく記載されています。

そして、競売物件は入札によって価格が決まりますが、オークションのようなスタイルを想像する方もいることでしょう。しかし、そのようなことはありません。オークションの場合は自分を上回る入札があった場合に再度入札が出来ますが、競売の場合はそれが出来ません。つまり、最初の入札額が重要なポイントなのです。こちらではそのほかに競売物件に関するポイントを紹介いたします。


【 管理人オススメサイト~物件情報~ 】
競売物件の購入に不安を感じる人は、新築一戸建ての分譲住宅を販売しているブルーミングガーデンで探してみると良いでしょう。条件を絞って物件検索ができますのでぜひお役立てください ⇒ ブルーミングガーデン

競売物件を購入するときのポイントを分かりやすく解説しています。